ブログトップ

くちぶえブログ

kuchibue.exblog.jp

夢の中へ

最近、久々に夢を見ました。

それは、田舎のおじいちゃんとおばあちゃんが住んでた
団地の前にある小さな公園のジャングルジムでわたしが遊んでるところ。
なんだかあったかくて、やさしくて、めずらしくとても心地よく目が覚めた。

おばあちゃん達からの何かのメッセージなのか?
「それは考えすぎ」と思われるかもしれないけど、
前に飼ってた犬が亡くなる1週間程前に夢に出てきて、わたしに話しかけてきた。
たったそれだけのことだけど、話す声がこの世のモノでない、まるで神のような不思議な声で、本当に印象的な夢。でその1週間後に旅立ってしまったのです。

それから少し印象深い夢を見ると、何かのメッセージかもと考えてしまいます。
だから、起きてすぐお祈りしました。おじいちゃんのこともおばあちゃんのことも忘れてません。


で話は変わって、最近お酒を飲むと寝てしまいます。家とかお店とかでも。
意識が薄れていく中で、話し声がかすかに聞こえる感じ(これは自分の知ってる人達の会話)がとても心地よくてなんだか安心感があって。

なんで安心するんだろうと思ってけど、小さい頃におじいちゃん家に行って、昼寝する時、眠りにつくまでになんとなく聞こえる会話がとても好きだったなぁ。子守唄みたいな感じで何を話してるのかはわからんけど、なんかこう包まれてる感じ(勝手な解釈)がしたので。

あと、車の後ろの席で寝てる時に、前から聞こえてくるかすかな会話を聞くのも好き。
[PR]
by pear_1021 | 2008-11-24 00:22 | ヒビノコト
<< 最近のことあれこれ エターナルサンシャイン >>