ブログトップ

くちぶえブログ

kuchibue.exblog.jp

レイトショー

レイトショーで『ウディアレンの夢と犯罪』を観てきました。

原題は『Cassandra's Dream』兄弟2人で購入した中古クルーザーの名前。
なんでいつも邦題っていつも変なのが多いんだろ。
少し調べてみたら、カサンドラってギリシャ神話に登場する、予言者の名前で
悲劇的な運命の象徴らしい。深いな。やっぱり原題の方がいいな。

オープニングは、やはりいつも黒バックにに白抜き文字のシンプルな手法。
おなじみな感じだけど、これから映画が始まるぞ!とわくわくする。

この映画はわりと辛口な批評が多い。
確かによくよく考えてみると、兄弟二人の行動や展開にちょっと無理があったかな
なんて思うけど、人間の観察力とユーモアはさすがアレン。
いつのまにか手に汗握ってハラハラさせられました。
そして今回の音楽もよかった。フィリップ・グラス(現代音楽の巨匠らしい)の
曲が重要なシーンなどで効果的にババーンと流れて、ドキドキしました。

今回は悲劇映画で、ギリシャ神話やドストエフスキーなどのロシア文学を織り交ぜているらしい。
見終わったあとは、暗く落ち込むようなことはなく、映画中にも少し出てきた『俺たちに明日はない』
を観た後のような感じで、私には内心ほっとした感がありました。

あと家族で食事しながら会話するシーンが何度か出てくるけど、
個人的に好きなシーン。ほんとに外国の人たちは、食事時にたくさん話をするんだろうなぁ。

食事してるシーンと読書してるシーンが昔からとても好きなのです。

ガーデンシネマに行ったら観たい映画が出てきた。
荻上直子監督の『トイレット』が8月に上映されるらしい。
またまた もたいまさこさんが
出るみたいでこれも観にいかなきゃな。

あと第七藝術劇場で『去年マリエンバートで』も上映されるようなので
これも観たいなぁ。
[PR]
by pear_1021 | 2010-04-26 12:03 | エイガ
<< むかしの日記 ひさびさです。特になにもないん... >>