ブログトップ

くちぶえブログ

kuchibue.exblog.jp

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

ロンドンで活躍している覆面のストリートアーティスト、バンクシーが監督したドキュメンタリー映画。第83回アカデミー賞ドキュメンタリー部門にノミネートされていたんだとか。

最初は、バンクシーが自身のドキュメンタリーを作ったのだと思っていて、正直わたしは、ストリートアートがそんなに好きというわけではないし、どうなんだろうと思っていたけど、撮影オタクのフランス人男性が、映画を作るはずが、あるきっかけでアーティストに転身。また撮られていたバンクシーが逆に監督するという展開。なかなかおもしろかったです。
そして、いろいろなアーティストの方も出ていて(私が知っているインベーダーやアンドレも出てました)普段みることができないアーティストがどのように作品をつくっているのか、制作風景などを見ることができて、こちらも興味深いです。


でもこの映画を見て、アートって難しいなと思いました。
なんというか信念を持って、自分独自の手法とか見せ方とか試行錯誤して作り上げていても、
なかなか芽が出ない人もいるし、いいセンスを持っていても成功しない人もいる。
逆に信念もなく、努力もなしに、急に一流アーティストの仲間入りをする人もいる。
何がいいか悪いかと判断できるものでもない。発信者は、社会の情勢など読み取りながら、その時その時の想いをどう表現するのか、楽しみながら苦しみながら考えて創り上げ、受信者は、その想いを受け取った上で共感したり反発したり、自分はどう思ったかを返す。
共感者が多ければ多いほどいいのかと言われるとそうでもないような気もするけど、
そうやって時間をかけて創り上げたものだから、一人でも共感してくれる人が多いほうが創りがいがあるだろう。わたしはアーティストではないので、そのへんがよくわからないけど、
自分の創り上げたもので、ひとりでも感動を与えることができるって素晴らしいなぁ。
そういう仕事してみたい。

c0151444_1731114.jpg

[PR]
by pear_1021 | 2011-08-15 17:31 | エイガ
<< すべてが「自分の記憶」 木漏れ日の家で >>