ブログトップ

くちぶえブログ

kuchibue.exblog.jp

ドーナツと街と映画館

今日は仕事がはやく終わったので十三の第七藝術劇場へ。

ワクイキのインタビュー記事の「ラザロ」三部作
第一部「蒼ざめたる馬」と第二部「複製の廃墟」を観るために。

それにしても、十三に来るのはひさしぶり。
変わらないギラギラした街。
7、8年前はファンダンゴによくいってたからなぁ。
なつかしい、ちょっと昔の自分を思い出した。
遊びたくて遊びたくて、ちょっと背伸びしたい時だったような。

映画を観る前にどうしてもドーナツが食べたくなって
ミスタードーナツへ。

久々に食べたけど、甘ったるい。
でもこれでいい。この甘さで満たされる。
なんだか安心する。

それにしてもドーナツって
なんでこんなにかわいらしいんだろう。
選ぶのにえらく時間がかかってしまい、
食べる前思わずひとりでにんまりしてしまった。

映画館に入るとお客さんはわたしを入れて5人くらいだった。
なので席は選びたい放題。
真ん中の真ん中、わたしの一番の特等席を確保。

映画の主人公マユミの孤独、お金に対する執着…
なんで歪んでしまったのかと思いながら観てたんだけど、
編集長曰く、第三部がその歪んだマユミの誕生で一番いいらしい。
うーむ、観に行きたいな。行けるかなぁ。

そういや、気になってた映画
「いのちの食べ方」もここで上映するみたい。


c0151444_1415140.jpg

[PR]
by pear_1021 | 2007-11-29 01:48 | ヒビノコト
<< 映画は第七の芸術だ 枯れかけの美しさ >>