ブログトップ

くちぶえブログ

kuchibue.exblog.jp

ぐるりのこと。

うー、今月は税金とかその他もろもろでお金がないのに
またも映画館へ。

これも友達に観た方がいいよ。と言われてた
橋口亮輔監督の「ぐるりのこと。」

1993年から2001年の翔子(木村多江)とカナオ(リリーフランキー)の
夫婦の10年近い時間を描いた映画。
リリーさんの穏やかなやさしい話し方がとてもよかった。

生まれた子供を亡くしてしまい鬱になって
だんだん精神状態がおかしくなっていく翔子。
でもどんな時もただそばにいてくれるカナオがとてもよかった。
うわぁー。これが夫婦かって。簡単に壊れるものじゃないんだね。
なんだか涙がずっと止まらなかった。

あとカナオは法廷画家という職業で
宮崎勤の事件、オウムの事件、池田小学校の事件など
有名な事件の裁判を描くシーンも見応えがありました。

あと翔子が天井画を描くんだけど
季節の花の絵がたくさん出てきて、色合いとかとっても美しかった。

ベランダでトマトを一緒に食べるところ、
出来上がった天井画を寝転んで見ながら手をつなぐところ
激しくぶつかり合って、泣きじゃくる翔子の鼻水をカナオが笑いながら
ティッシュを差し出して鼻をかむところ。
このへんのシーンは微笑ましくてよかったです。

それにしてもかなりの豪華キャスト!
しかも好きな俳優さんばっかり。

賠償美津子、寺島進、柄本明、寺田農、八嶋智人、キム兄、斎藤洋介、
ぬっくん、加瀬亮、光石研、新井浩文、田中要次、片岡礼子などなど。
このへんも十分楽しめますねー。
個人的に柄本明が出てたのすごくうれしかったです。

監督は、「希望は人と人の間にある」ということを伝えたかったようです。
幸せって平凡な中にあるのねっと思わせてくれます。
とってもいい映画でした。

これもまた観たいなー。

それにしても最近映画館でよく泣いてます。。
これは年のせいなのかな。

まだ体の中のどっかが泣いてます。

主題歌もよかったですよ。
[PR]
by pear_1021 | 2008-07-27 23:34 | エイガ
<< マッコリで乾杯。 ジュノ(音楽) >>