ブログトップ

くちぶえブログ

kuchibue.exblog.jp

ビフォア・サンセット

またまた映画ネタなんですが、DVDで「ビフォア・サンセット」観ました。

これは、「恋人までの距離(ディスタンス)」の続編。
ウィーンで運命的な出会いをするのが前作。
9年後に再会するのがこの続編。

9年て長い。
イーサンホークは、老けてたけど渋さが増してかっこよかった。
ジュリーデルピーも自然な感じでよかったなぁ。

この映画80分しかないんだけど、とにかくずーっと喋りっぱなし。
というか喋ってるシーンしかないって感じなんだけど、
まるでドキュメンタリーを観てるみたいでした。

ジュリーデルピーのセリフで、出会いはたくさんあると思ってたけど、実はそんなに多くないってところとか、いろんな細々した所にいちいち感動して忘れられなくなるってところとか共感できました。

無言で階段を登るシーンは、なんだかゾクっとして
イーサンホークがたまたまかけたCDがニーナシモンの曲で
ジュリーデルピーがニーナシモンの真似をするとこもいいです。

結局ラストはどうなるの?って感じで終わるんだけど、
あえて結末をみせてないのがよかったなぁと思う。


イーサンホークと言えば、「リアリティバイツ」の印象が強くて
学生の時によく観たなぁ。ウィノナライダーもかわいかったし。
たしか映画の中でイーサンホークがCAMELのタバコを
吸ってて、それがなぜだかとてもかっこよくて、
当時つき合ってた人にCAMELを吸わせたような気がする(笑)

「リアリティバイツ」もまた観たいなー。



c0151444_11311970.jpg

[PR]
by pear_1021 | 2008-08-03 11:33 | エイガ
<< パーマつながり マッコリで乾杯。 >>