ブログトップ

くちぶえブログ

kuchibue.exblog.jp

カテゴリ:ヒビノコト( 131 )

新ブログ

実はこっそりブログをリニューアルしておりました。
これからは、こちらをぼちぼち更新していきます。
新ブログ
[PR]
by pear_1021 | 2012-01-23 21:46 | ヒビノコト

31

21日で31歳に。
わたしのまわりには、30代半ばの男女が多いためか、自分も勝手にその歳の感覚でいて、
改めて歳を聞かれて、あっそっかわたしは31歳だったと気づく。

お祝いは人生で2回目の『ながほり』。
1回目は、夫の誕生日のお祝いで、今回はわたしの誕生日のお祝い。

料理、お酒は言うまでもなく最高においしくて、
お店に置いてある小物とか器とか随所にセンスの良さが伺える。
お店の広さもカウンターにテーブル2席ほどの決して広いとは言えないこじんまりとしたお店。
だからか、わたしたちがお店にいても、へんな緊張感がなく居心地がいい。

口コミなどでは、大将が愛想が悪いとの書き込みが多かったけど
(もしかしたらまるくまってるのかもしれないが)決してそんなことはなく必要以上に愛想を振りまいてないから? 
でも常にまわりに気を配ばられていて、お弟子さんに指示したり、自ら声をかけてくださったり、
わたしにしてはほどよい距離感でよかった。
口コミだけでなくやっぱり自分で体験することが大切。

それから夫婦ともにお世話になっている満月亭へ。

斎藤先生が亡くなってから、まり子さんのことが少し心配になっていた。
いつも元気で若々しいまり子さんは、『死』とはまったく結びつかなかったけど、
急に死に近づいたりするのかもしれないとか、当たり前にあると思っている『満月亭』がなくなってしまうかもしれないなど、遠い遠い未来のことが、近い未来になる可能性もなくはない。
でもまり子さんは、そんなわたしたちの心配をよそに、「あたし案外しぶといのよね〜」といつもの甲高い声で笑い飛ばし、「あなたにあげたいものがあるのよ!」と四天王寺の骨董市で買った紺色の小さな琺瑯鍋と同じく骨董市で買ったニットのチュニックをもらった。
そしてはっぴぃえんどの曲を聴きながら、いろんな話をした。

まり子さんとは、まだまだずっと世の中のことや映画や音楽や料理の話などをしていたい。

夫は前日までずっと仕事が鬼忙しくて、わたしの誕生日を忘れないように必死だったみたいで笑、
もうほんとに覚えてくれてるだけで充分。

こういった感動や楽しさを一緒にを共有できる時間を、少しでも多く持てたらいいなぁ。
[PR]
by pear_1021 | 2011-10-23 14:28 | ヒビノコト

すべてが「自分の記憶」

最近わりと気持ちが安定している。

そのせいかどうかはわからないけど、最近『クリスタルヒーリング』ってものをはじめて体験した。
「最初に何かみてほしいことはありますか?」と聞かれたけど
クリスタルヒーリングって一体何なのか、クリスタルにどんなパワーをもらえるのか体験してみたい
といった感じでうけたので、具体的にはこうなりたい、これをみてほしいってのがなかった。

でも唯一ずっとなりたい自分ってものがあって、
人に何を言われても、心配なことがあっても、不安が襲っても
いつも揺るぎない強い気持ちがあって、
イライラしてる人や落ち込んでる人と一緒にいても
振り回されたりせず、そういったマイナスな気も受け入れて
自分の大切にしたい気持ちは変わらず持ち続けたい。
そんな曖昧なことをヒーラーさんに伝え、いろんな石を体のあちこちに置いてもらった。

でももともとわたしは、どんなことも受け入れられる大きな器を持った人なのだとか。
わたしは、自分が思っている以上に強い人間みたい(笑)


あと最近知った言葉で「ホ・オポノポノ」というのがある。
これはハワイのヒーリング方法で、

「どんな目の前の現実も、100%自分の記憶(潜在意識)の現れである」

ということ。人間は、全ての人や物、宇宙とつながっていて、自分の目の前の出来事は、
自分の言葉や、考えや問題意識とつながっている。
自分の前にどんどん出てくる悩みや問題はすべて「自分の記憶」なんだそう。
その「記憶」をクリーニングすれば、問題がなくなっていくらしい。

そしてそのクリーニング方法がとてもシンプルで
自分の記憶に向かって「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」「ありがとう」
の4つの言葉を唱えること。これだけ。

えっうさんくさい!って思われるかもしれないけど、
最近なるべく嫌だなって感じた時に心の中で唱えてみるようにしてる。
実際どうなのかまだわからないけど、ものすごく冷静になるというかあれが嫌とかこれが苦手とか、そんな風に勝手に思い込んでるだけかもなぁと思える時がある。
つまり自分を、人を許そう、愛そう、ということなんだろうな。

そんな風に自分と向き合えた時は、なにかむしゃくしゃすることがあっても
むりやりお酒を飲んだり、むりやり出かけたり人と会ったりといった「むりやり」なことはぜず、家でゆっくり体があったまるごはんを作ったり、半身浴をいつもより長めにしたりお肌のお手入れを念入りにしたり、映画みたり。自分の体が喜ぶことをしようと思える。

でもこの「ホ・オポノポノ」
かなり突き詰めている人はその人のまわりもみんな問題が減っていくんだそうな。奥深いなぁ。
[PR]
by pear_1021 | 2011-09-30 00:10 | ヒビノコト

”simple” ファッション編

"simple"

辞書で調べると、「単純なさま。また、飾り気やむだなところがなく、簡素なさま」simpleなんて言葉、あらゆることころで使われすぎてて、チープな言葉に聞こえるのであまり口には出したくないのだけど、身も心もそうでありたいなぁというのが本音。


でもこれって紙一重で、たとえばファッションでいうと
白いシャツにジーンズでノーメイクで…となると間違うとかなり野暮ったいスタイルに。
でもそれをさらっとかっこよく着こなす人もいる。

日本人からみて、外国人が何を着てもかっこよく見えるのは、決してスタイルのよさだけではなく、みんな堂々としているというか、そういう自信が出ているのもあるのだと思う。
さらに体型や似合う色など自分のことをよくわかってる人のコーディネートは、シンプルな服でもものすごく素敵に見える。
ジェーン・バーキンとかパティ・スミスって自然体なのに格好いい。
『冒険者たち』のジョアンナ・シムカス、『パリ・テキサス』のナスターシャ・キンスキー、『ミリオンダラーホテル』のミラ・ジョヴォヴィッチも素敵。

雑誌のインタビューで読んだけど、黒柳徹子さんは、まわりの人にその服やめたほうがいいよと指摘されるまでは、誰にどう思われようとも、自分が着たい!と思う服を自由に着るとおっしゃってた。そういう挑戦や遊びも大事。


あるデザイナーの方は、一点モノがあまり好きではなく、価値を希少性で決められたくないんだとか。
例えば大量生産の既製品でも、その人の着こなし方によって同じ服でも全然違う印象になる。
自分なりの着方を考えるのが楽しい。ある意味一点モノ。わたしだけの服。

Tシャツにジーンズでも自分らしさ、女性らしさが滲みでてるような
そんなのがいいんだけど、まだまだだな。。


c0151444_1502337.jpg
c0151444_1503640.jpg

[PR]
by pear_1021 | 2011-07-19 15:04 | ヒビノコト

居場所

ひさびさの更新。ご無沙汰しております。
最近はなんだか気持ちまでバタバタして、ゆっくり日記が書けませんでした。。

そんな中新町の「café+bar ilha」が4月30日で閉店してしまいました。

皆さんそれぞれの思いを日記に書かれているので、私もと思ったけどいい言葉が思いつかない。。
でも自分の言葉で記録に残しておきたいな思ったので。というかお店の最終日に行っても、最後の飲み会に行っても、これといった実感がなくただいつもと変わらない感じでした。
でも少し時間ができた時、わざわざ誰かを誘うほどでもなく、でも家に帰るのはもったいなくて少しだけお酒やコーヒーを飲んで誰かと話したいなと思った時、いつもならilhaへいってたんだなと思うと、そういう場所がなくなったのだと思うと、その時初めて閉店したんだと実感し、悲しい気持ちになります。

Ilhaへ初めて足を踏み入れたのは、4年前のお店がまだ工事中の時。テーブルもイスも揃っていなかったけど、そこには夢がいっぱい詰まっていて、わたしまでワクワクドキドキしました。

この4年でわたし自身にもさまざまなことがあり、うれしい時も、悩み多き時も、つらい時もお店に行けば、いつものように迎え入れてくれて、いつもの人達がそこにいて、いつものコーヒーの味がして、それがなんだかうれしくてそして救われました。

“ilha”というお店はなくなってしまったけど、店主二人の思いは存在し続けているし、お店で出会った方々とのつながりも続いていくはず。

でも自分のことに置き換えれば、そういう場所がなくなっても自分でしっかり自分の場所を築いていかなきゃいかんよとどこかで言われてるような感じもします。わたしにとってそういう時期なのかもしれません。
[PR]
by pear_1021 | 2011-05-26 18:02 | ヒビノコト

受け継がれていくもの

仕事でお世話になっている会社の近くにある写真屋さん。
年始の話になるけど、年始早々撮影のお願いをしていた。でも年が明けて出勤してすぐ、カメラマンの方から
電話があり、撮影を延期してほしいとのこと。商品の発売の関係もあって延期されるとマズイんだけどなーと
思ってたけど、どうやら3代目社長さんがお亡くなりになられたとのこと。多臓器不全で62歳という若さで。

わたしは、その社長さんとお会いしたことはないけど、社長さんの書くブログをたまに拝見してた。
フィルムカメラのこと、日常で感じたこと、病気のことなど、会ったことはなくてもその文章に人柄が滲み出てて、仕事の合間にたまに読んでほっこりした気持ちになったり、カメラのことなんぞわからんくせにフィルムカメラのこととか考えたりしてた。

訃報を聞いたとき、会ったこともないのに心の中が少しスースーした。もうブログが更新されることはないのか…

その社長さんの息子さんは、いつも画像が入ったCD-Rを会社まで持ってきてくださる。朗らかでものすごくいい人。部内で洋七さん(少しだけ似てる、でももっと若い)というあだ名もついている。洋七さんは、配達にきたら、いつもおしゃべりをしてくれて楽しませてくれる。

この前撮影にいったら、洋七さんは、「社長」と呼ばれてた。
4代目社長誕生。
ラフなシャツにジーンズからパリっとしたスーツに変わってた。

それでも、相変わらずな洋七さんだった。
でも配達は別の方が来るようになった。

そうやってまた次世代へ受け継がれていき、お店の歴史が刻まれていくんだなぁ。
この不況の中、次々とお店が入れ替わっていく中で、ずっと続けていくということは本当に貴重で、
常にあるということで街の人々は安心し、街の顔にもなっていく。

「アジアンジャパニーズ」という本の中で、フランスなどヨーロッパの10年前の街の写真をみても、そんなに変化はなく同じ建物が残っていたりするが、日本だと変わりすぎていてどこかわからない、そんなことを書いてたような気がする。変わらない街ってのも素敵だと思うんだけどなぁ。
[PR]
by pear_1021 | 2011-02-11 02:27 | ヒビノコト

家のこととか。

久々にゆっくり日記でも書いてみよう。
気軽につぶやけるtwitterもいいけど、ブログでじっくり書くのもいいな。

最近、家の本を読んでて、自分の住みたい家のこととかを考えてみた。
なるべくシンプルで、でもあたたかみのある空間。
まだまだだけど、自分の理想の空間っていうのは、時間を経てできるものと
何かの本で書いてあった。いい言葉だ。
少しずつ空間をつくっていきたいな。

わたしが一人暮らしをしたのは、26歳くらいだっけな。
比較的遅いと遅いと思う。実家が大阪だし実家暮らしのままでもよかったのだけど、
自分で作り出す空間の中で生活してみたかった。
洗濯してそうじして、毎日の献立を考えて料理して、自分の好きな食器に盛り付けして。

住む場所も、谷町の雰囲気がずっと好きで、住むならこの町と決めてた。
そして選んだ住まいは、築30年くらいの古いマンション(そのわりには改装されていたのできれい)
仕事が忙しくなると、家のことがあまりできなかったりするけど毎日楽しかった。
家のレイアウト考えたり、仕事のこと考えたり、ゆっくり映画みたり。
友達もたくさん遊びにきてくれてみんなで料理とかして。


でも辛いこととかがあると、とても寂しい。
当時いろいろしんどいことがあって、ひとりの家に帰るのが嫌で
友達に、深夜までカフェやバーでのおしゃべりに付き合ってもらったり、
友達の家に泊めてもらったり。いろいろ助けてもらったなぁ。

そして結婚して引っ越し。
わたしは谷7あたりで、旦那は谷5あたりに住んでてその間らへんに
住みたいなーと半分冗談で言ってたけど、結局ほんとにその間に住むことなってしまった。

今は、夫婦+猫の暮らし。
ひとり暮らしの時にはない空間ができてる感じがする。
ここからすこしずつ、心地よい空間をつくっていきたいなと思う今日このごろ。

家族以外と一緒に暮らしたことがないわたしは、最初不安だった。
ひとりで悠々と暮らしたり、家族にわがまま放題だったわたしが
人と暮らせるのかと。でも人は順応するもので、もちろんお互いの思いやりは
大事だけど、なかなか楽しかったりする。
一緒の時間を共有するって大事なんだな。今からひとり暮らししろと言われたら
寂しいだろなきっと。


c0151444_19151164.jpg

ねことねこ。最近ここを占領されて困る。猫はあたたかい場所をすぐにみつける。
[PR]
by pear_1021 | 2011-02-05 19:24 | ヒビノコト

年末年始

もうすぐ今年が終わる。

やっぱし今年もいつのまにか年末であっというま。

年末年始は、明日家の掃除して鴨鍋の会をして、大みそかに朝から
映画「ヘヴンズストーリー」を見に行く予定(上映時間4時間38分!)
でカウントダウンはjew's-earのライブ。
そして元旦は、浜松へ。なんか忙しいけど楽しみ。

今年は、とくに変わりない1年だったけど
自分の内面で少しだけ何か変わった感じがする。

某店に来るひばりちゃんからは、
「あんた来年は暴れ太鼓よ!!」と言われた。
なんだかよくわからんがわたし暴れるらしい。

来年は、自分磨きがんばりたい。内面も外面も。

c0151444_17301248.jpg

毎朝懲りずに、来ない鳩を待つゲジ。後ろ姿哀愁あって好き。猫まんじゅう。
[PR]
by pear_1021 | 2010-12-29 17:31 | ヒビノコト

ilha忘年会

今日はイリアの忘年会&おがやんの送別会でした。

しらこあり、ちゃんこありの楽しい会のはずが
突然の演奏会。
その間いろんなこと思い出しました。
いろいろ精神的に辛い時、よく逃げこんでた場所。
おがやんの明るさに何度救われたことか。
お店で涙を流してしまったこと、まかないを食べさせてくれたこと、
知らぬまに寝てしまいお店で夜を明かしたこと。
そんないろんなことが音楽とともによみがえり、
知らぬ間に涙がこぼれてた。

今日はそんなイリアにたくさんの人たちが集まっていて
みんな素敵でほんと楽しかったなー。

まぁまた遊ぶし、会うんだけどもね。
ひとまずおがやんお疲れさまでした。
そんなんいいつつわたし酔ってるし、携帯忘れたし!
[PR]
by pear_1021 | 2010-12-28 01:40 | ヒビノコト

世界をつなげて

つい最近、なんとなくメールを開いたらアフリカ行ってた友達が帰国の連絡が!
少し元気がない時だったけど、すっごくうれしい気持ちになった。
一緒に働いてた時を思い出した。わたしたち、いつも笑ってた。
うれしい報告があったのだけど、
彼女が帰国前に思い悩んでたこと、
状況は全然違うけど、一年前くらい前の私の思ってたことと
同じで、その気持ちが痛いくらいわかって、胸が痛い。
でも幸せそうでほんとうれしい。いろいろあったんだろうけど、
ずっと笑ってたんだろうなぁ。はやく会いたい!!

そして、また別の結婚して海外に住んでいる友達に、なんとなくメール。
すると今どん底に落ち込んでる時で私からの連絡がうれしかったと言ってくれた。
タイムリーだな。それから何日間かお互いの近況を報告。
時間差があるから、メール送って、翌日に返信がきて、それにまた返信して。
なんかそれがうれしかった。
その子の落ち込んでる理由も、少し前の私に似たようなことがあったので
痛いほどわかった。

なんかつながってるな〜。
てかみんないろんなこと悩んで考えて生きてるんだな。当たり前か。
でもやっぱりのんびりぐーたらもいいよねー。
[PR]
by pear_1021 | 2010-12-08 23:18 | ヒビノコト