ブログトップ

くちぶえブログ

kuchibue.exblog.jp

カテゴリ:タビ( 7 )

う・どーんツアーin香川

日帰りで夫婦+友達のヨネさんで香川へいってきました。
予想どおり大渋滞。6時30分に待ち合わせたものの着いたらすでに12時過ぎてました。


1件目は高松にある「うどんバカ一代」お腹空きすぎてがっついたため写真はないけど、冷やし梅うどんを食べました。麺もコシがあったし自家製の梅干しもおいしかったー。お店に空手バカ一代の漫画も置いてありました。

c0151444_2334660.jpg


2件目は、「もり家」
わたしは、もり家オリジナルのもりもりうどん。



c0151444_234123.jpg



錦糸玉子やねぎ、ごまなどの薬味が麺が見えないほどぎっしり。梅の天ぷらものってました。

ヨネさんは、かき揚げおろしうどん。かきあげがでかい!顔ぐらいの大きさ!
少しもらったけどサクサクでおいしかった!

c0151444_2382460.jpg


夫は、天ぷら冷やしうどんを食べてました。天ぷらがおいしいと絶賛してました。
その後少し休憩して、「八十八 清水屋」というところでところてんを食す。

c0151444_23131290.jpg


おもいっきりお墓の横だったけど、緑と川の流れる音…マイナスイオン。
涼しくて心落ち着く場所だったなー。
酢醤油や黒みつなどがあったけど、くずもち風ところてんに。
きな粉と黒みつがかかってわらびもちみたいな感じ。おいしい。

c0151444_23123791.jpg


ほんとは、もう1件行きたかったけど、お腹いっぱいになったので帰ることに。
やっぱあと1件はいってもよかったなぁと帰ったから思ったりも。。

帰りにコーナンみたいなとこでゲジに割られた植物の鉢と土とバジルの苗を買って帰りましたー。
ヨネさんもバジルとおっきな植物買ってました。

そんなこんなでう・どーんツアーは終わり。
またいきたいなー。
[PR]
by pear_1021 | 2009-08-15 23:22 | タビ

一人旅のきろく6

足湯をしたら、もう昼過ぎ。お腹すいたなぁと思いながら車を走らせてると
昨日いったOseのお店の前を偶然横切る…と、例のおっちゃん発見!

お店の前で3人の女の子の前で何やらパワーをおくってるような感じ。
あやしい。よーく見ると、その中の2人の女の子は、一緒に縄文杉を登った子達!
すごい偶然!

話を聞いてみると、おっちゃんは、イネイト療法といって、体を触れずに、背骨などをまっすぐにして体の悪いところを治すことができる人なんだとか。
で時間のある時に、お客さんを無料で診てるらしい。

で昨日に続き、このお店でお昼を食べてると、おっちゃんがもうすぐ家に帰るところだからと、おっちゃんの家に案内してくれました。とっても素敵な家で、奥さんもとても元気な方で肌ツルツルでした。

おっちゃんに、縁があったんだね。といろいろな話をきかせてもらって、わたしもみてもらいました。わたしの体は中心からずれてたみたいで、おっちゃんから気を送られてるような感じ?で少しまっすぐになったみたい。

正直これでほんとによくなったのかは、わからないけど、おっちゃん自身がほんとにパワーを持ってる人で、わたしはおっちゃんと会えただけで、ものすごく元気になれた気がします。

「目に見えないことをどれだけ信じれるかが大切なんよ。あと感謝すること、ありがとうと伝えることを怠らないこと。そうすればいいことがたくさんあるよ」

「おねえちゃんは心がキレイだわ。顔見ただけでわかるわ」

とも言ってくれました。恐縮です。そんなにキレイではないですよ。たぶん

おっちゃんと出会った数々の人から、たくさんのお礼のお手紙が届くらしく、
全ての人に手書きで返事を書くらしい。すごいなぁ。そういうの大事だよなぁ。

最後に、診察につかってるベッドで、指に石みたいなものを貼って、15分ほど寝かせてもらいました。足先がポカポカしてきた。
寝る時に枕っていらないみたいですね。そのほうが血の流れがよくなって体がよくなるみたい。血の流れがよくなると、だいたい体の悪いところは治るらしい。

でわたしは、おっちゃんにたくさんのパワーをもらったのでした。




c0151444_23553765.jpg

[PR]
by pear_1021 | 2008-11-02 23:58 | タビ

一人旅のきろく5

縄文杉から帰ってきて、この日は、屋久島で有名な「Kitchen Cafe Ose」というお店へ連れてってもらいました。ここは家族で経営されてて、野菜などはほとんど有機栽培のものを使ってるらしく、とってもおいしいんだとか。でそのお店におもしろいおっちゃんがいるよーと聞いてたので、楽しみにしてたんだけど、
お店にいってみると、おっちゃんはお昼にしかいないらしく会えなくて残念。

でも、植物などがたくさんあってとっても素敵なお店。鹿児島の豚、バジル、水菜などを使ったサラダとチョリソーとほうれん草のパスタを食べたけど、野菜がほんとにおいしくって感動しました。ワインもいただいて、いい気分でした。

c0151444_25637.jpg


その翌日は、まったく予定をいれてない。行きたいとこはいっぱいあるけど、車もないので、あんまりうろうろできないし、でもこの日は絶対のんびりしようと決めてたので、海とかでぼけーっとしようかなぁ。とかぐらいしか考えてなかったけど、運よく車で行きたかった「いなか浜」へ連れてってもらうことになりました。

c0151444_25472.jpg


白と青のコントラストがほんとーにキレイ。「めがね」という映画でたそがれ上手という表現が出てきたけど、この時のわたしはまさに「たそがれ上手」だったはず。20分くらいぼけーーっと何も考えずたそがれてました。自然の中にいるとほんとに癒されるなぁ。とっても穏やかな気持ちになります。

でその後、湯泊まり温泉にいって足湯をしました。

c0151444_262855.jpg



c0151444_265267.jpg

c0151444_27718.jpg


       入り口でネコを発見。かわいい。
[PR]
by pear_1021 | 2008-11-02 02:08 | タビ

一人旅のきろく4

朝に4時に起きて、ほとんど寝れてない状態で出発。

c0151444_1264525.jpg


c0151444_1272414.jpg



c0151444_1275581.jpg

    ↑ウィルソン株という株の中からとった写真。カタチがハート型!
     ここはけっこう好きなところ。株の中が神秘的でとっても落ち着いた。


c0151444_1331329.jpg

      杉の神様、縄文杉。うわぁーってテンションがあがるというか、感動がじ      わじわ〜っと染みてくる感じでした。何千年も生きてるんだもんなぁ。


c0151444_1364199.jpg

      木のアップ。すごい迫力。

c0151444_1373663.jpg



c0151444_1375593.jpg

    トロッコの道をひたすら歩きます。


一緒に登ったのが香川から来た2人組の女の子。前の日はダイビングをして楽しかったと言ってたなぁ。ダイビングいいなぁ。買い物でよく大阪に来るみたいで大阪大好きといってくれた。あとは横浜から来た夫婦2人組。サーフィンが趣味らしく、いつか種子島に移住したいと言ってた。どちらかがこけそうになっても絶対助けない!と言い合ってた2人。とっても素敵な夫婦でした。

何時間もひたすら登ってて、だんだん無心になってきたような気がする。
自然の音だけを聴きながら、無心でひたすら歩き続けたらムダなものがひとつひとつ剥がれていくような気がして、清々しい気持ちになる。

インディアンの本に、「孤独を感じたら空を見よ。空はいつも見守ってくれてる」
みたいなことが書かれてたのを思いだした。

わたしは、木からたくさんのエネルギーを感じたかったので、ずっと木をつかみながら、上り下りした。

途中キツくて辛い時、木をつかんだら、ものすごく木に助けられてると感じて、
ほんとにありがとうと心の中でつぶやいて感謝の気持ちでいっぱいになった。

上を見上げたら真っ青な空があって、大きな木がどっしりと立っている。
本当に自然たちに守られてる気がして、不思議だけどとても安心できた。
なるべく上を見ながら歩くよう意識した。

杉って常に上に伸びようとするようで、倒れても傾いても上に伸びようとしてて
雨が降っても、風に吹かれても、木が倒れてきても、しっかり生きていた。


すごいなぁ。そんな風に何千年も生きてる木を見てると、人間ってほんとにちっぽけだと感じるなぁ。何があっても、あせらずにどっしりと構えてたらいいんだ。

それにしても、こんなにも自然に支えられてると感じたのは初めてかも。
都会にいたらやっぱ、なかなか感じ取りにくい。
でも、自然に感謝する気持ちが薄れていくのは、人としてかなり危険だと思った。
どんな場所にいても、いつも自然を感じれる人でいたいなぁ。


旅行日記はまだまだ続きます。
[PR]
by pear_1021 | 2008-10-26 02:27 | タビ

一人旅のきろく3

白谷雲水峡を満喫して、次の民宿へ。
夕方にかえれたので森祭りに間に合うかも!
場所と行き方を民宿のおっちゃんに聞いて、手ぬぐいを握りしめてバスへ向かう。

会場は、屋久島総合自然公園ってところで
たくさんのローソクが置かれてた。聞くと2000個以上もあるみたい。

メッセージは「自然と人に感謝する」

c0151444_1103421.jpg


c0151444_1111082.jpg

   ↑ライブはこんな感じ。空を見上げれば満月。ほんとにキレイだったなぁ。自然の中で生演奏を聴けるって幸せー。

屋久島の子ども達って、ほとんど生演奏を聴いたことがないんだって。
だから島の人みんなで楽しめるようにと3年前からこのイベントが始まったんだそう。

子ども、おっちゃん、おばちゃん、みんな本当に楽しそうで、
会場で偶然会って「久しぶり〜!」なんて声も聞こえてきた。都会ではこういうイベントは絶対できないよなぁ。

夜は寒くて凍えそうだったけど、心の中はあったまりました。


c0151444_1175448.jpg

    ↑お客さんが帰ったあとで、人がほとんどいない時。さらに幻想的な感じでうっとり。さすがカメヤマローソク!

帰りは12時近くと遅くなったので、唯一開いてるというお好み焼き屋へ。
お店のおばちゃんは大阪の人でした。豊中だって。

翌日は、縄文杉に登るため、朝4時起きなんだけど、大丈夫かなと
心配になりながら、民宿へ帰って即寝。
[PR]
by pear_1021 | 2008-10-26 01:21 | タビ

一人旅のきろく2

2日目は、朝から、もののけ姫がモデルになった「白谷雲水峡」へ。

屋久島は月のうち35日は雨と表現されるほど、ほとんどが雨なんだそう。
わたしが登った2日間はどちらも晴れで登りやすかったけど、
景色だけでいえば雨が降ったほうが、雨の雫が苔ひとつひとつにくっついて
それがキラキラと輝いて見えるんだって。それはそれで少し残念。
でももののけの森を登った日は前日が雨だったので、苔がまだ濡れててたしかに
キラキラしてて美しかったなぁ。

c0151444_22181250.jpg



c0151444_2218519.jpg



c0151444_2219735.jpg



c0151444_22192682.jpg

         ヤクシカ発見!

c0151444_22201066.jpg

         ヘンテコな木

c0151444_22204376.jpg


        ゴール地点の太鼓岩からの眺め。晴れていたので遠くの景色まで見れ        てサイコー。
[PR]
by pear_1021 | 2008-10-19 22:32 | タビ

一人旅のきろく1

屋久島にいってきました。
今回は一人だったので、どうなるのかと思ったけど、とても楽しかったです。
なんだか一人でいるほうが少なかったような気がします。

森を歩いて山を登って、いろんな人たちと出会って
とてもいい思い出になったので少しずつ記録を。

屋久島へは、飛行機と船で。

c0151444_14542725.jpg


わたしが乗ったのはロケット。勝手にトッピーだと思い込んでたけど違った。。
船ってなんだかわくわくする。雨が降ってたけどね。

宮之浦港に到着。お昼を食べていなくてお腹すいたので
トビウオの唐揚げ定食を食べました。新鮮でおいしかったなぁ。
お味噌汁やごはんもおいしくて。ひとりでモリモリたべてた。

c0151444_1455380.jpg


民宿についてゴロゴロ。
1泊目の民宿だけごはん付だったので、この日は民宿で。
とびうおの刺身とかサバの煮付けとか、魚づくし!

おいしいなぁとごはんを食べてたら、前に座った人となんとなく会話が始まり、
モデルの KIKIに似てると言われた。たぶん黒髪と前髪のせいだと思うけど。前にも一度言われたなぁ。

でいろいろ話を聞いてみると、明日に「やくしま 森まつり」ってのがあって
そのために仕事できたんだとか。でもそのまつりには、あるてぬぐいがチケット代わりみたいになってて、それがないと入れないみたい。

そしてなんと、「明日おいでよ」とその手ぬぐいを私に。
ラッキー!! でもその日は、白谷雲水峡へ行く予定なので
行けそうな行きますといって、いろいろ話をしてお風呂に入って就寝。

c0151444_14553693.jpg


   民宿にて。この時ひますぎて、いろいろ写真とって遊んでました。
[PR]
by pear_1021 | 2008-10-19 15:00 | タビ