ブログトップ

くちぶえブログ

kuchibue.exblog.jp

家のこととか。

久々にゆっくり日記でも書いてみよう。
気軽につぶやけるtwitterもいいけど、ブログでじっくり書くのもいいな。

最近、家の本を読んでて、自分の住みたい家のこととかを考えてみた。
なるべくシンプルで、でもあたたかみのある空間。
まだまだだけど、自分の理想の空間っていうのは、時間を経てできるものと
何かの本で書いてあった。いい言葉だ。
少しずつ空間をつくっていきたいな。

わたしが一人暮らしをしたのは、26歳くらいだっけな。
比較的遅いと遅いと思う。実家が大阪だし実家暮らしのままでもよかったのだけど、
自分で作り出す空間の中で生活してみたかった。
洗濯してそうじして、毎日の献立を考えて料理して、自分の好きな食器に盛り付けして。

住む場所も、谷町の雰囲気がずっと好きで、住むならこの町と決めてた。
そして選んだ住まいは、築30年くらいの古いマンション(そのわりには改装されていたのできれい)
仕事が忙しくなると、家のことがあまりできなかったりするけど毎日楽しかった。
家のレイアウト考えたり、仕事のこと考えたり、ゆっくり映画みたり。
友達もたくさん遊びにきてくれてみんなで料理とかして。


でも辛いこととかがあると、とても寂しい。
当時いろいろしんどいことがあって、ひとりの家に帰るのが嫌で
友達に、深夜までカフェやバーでのおしゃべりに付き合ってもらったり、
友達の家に泊めてもらったり。いろいろ助けてもらったなぁ。

そして結婚して引っ越し。
わたしは谷7あたりで、旦那は谷5あたりに住んでてその間らへんに
住みたいなーと半分冗談で言ってたけど、結局ほんとにその間に住むことなってしまった。

今は、夫婦+猫の暮らし。
ひとり暮らしの時にはない空間ができてる感じがする。
ここからすこしずつ、心地よい空間をつくっていきたいなと思う今日このごろ。

家族以外と一緒に暮らしたことがないわたしは、最初不安だった。
ひとりで悠々と暮らしたり、家族にわがまま放題だったわたしが
人と暮らせるのかと。でも人は順応するもので、もちろんお互いの思いやりは
大事だけど、なかなか楽しかったりする。
一緒の時間を共有するって大事なんだな。今からひとり暮らししろと言われたら
寂しいだろなきっと。


c0151444_19151164.jpg

ねことねこ。最近ここを占領されて困る。猫はあたたかい場所をすぐにみつける。
[PR]
# by pear_1021 | 2011-02-05 19:24 | ヒビノコト

ヘヴンズストーリー

大みそかのあわただしい日に、上映時間が4時間38分の
映画「ヘヴンズストーリー」を観てきた。@第七藝術劇場

間に10分間の休憩があるので、合計すると5時間近く映画館にいたわけなんだけど、
最初は、途中で飽きないかとか、お尻痛くなるよな…とか余計な心配をいろいろしてたけど、
結果、長さは感じなかった。でもやはりお尻は痛かった。。

なんというかすごい映画だった。
2010年の「罪と罰」と言われていて、
20人以上の登場人物がつながっていく第9章の物語。
複数の殺人事件をきっかけにして、復讐の先の再生について描かれている。
被害者、加害者、その家族たち。生と死、復讐と贖罪。
皆それぞれに闇を抱えている。
人は本質的に善人でも悪人でもあり、
なにかのはずみで被害者にも加害者にもなりうる。
いろいろいろいろ考えさせられた。

そして何より映像が美しい。
桜、舞う落ち葉、空虚な団地、雪の積もった廃墟、なんとなく哀しげな海辺。
ストーリーと合いすぎていて切ない、映像を観てるだけで泣けてくる感じ。

あと、とても印象的だったのは、人形師の人形劇のシーン。
仕草が実に官能的で、あの世とこの世を結ぶような。
気になって調べてみたら、人形劇団「百鬼どんどろ」さんによるもの。
でも、主催者の方は、上映後、お亡くなりになられたとのこと。
非常に残念。

瀬々敬久監督は、今まで商業映画をたくさんとっていたのにも関わらず
今回は、ほぼ自主的に製作されており、監督がほとんど出資しているそう。
それほどまでに作りたかった映画。その思いがとても伝わり、4時間半以上あっても
長さを感じなかったのは、削ぎ落として削ぎ落としてこの時間になったからなのかもしれない。

観終わったあとは、疲労感があるけど、これは決してストーリーで、ではない。
あと2回くらい観たいけど、時間が…


[PR]
# by pear_1021 | 2011-01-08 01:17 | エイガ

年末年始

もうすぐ今年が終わる。

やっぱし今年もいつのまにか年末であっというま。

年末年始は、明日家の掃除して鴨鍋の会をして、大みそかに朝から
映画「ヘヴンズストーリー」を見に行く予定(上映時間4時間38分!)
でカウントダウンはjew's-earのライブ。
そして元旦は、浜松へ。なんか忙しいけど楽しみ。

今年は、とくに変わりない1年だったけど
自分の内面で少しだけ何か変わった感じがする。

某店に来るひばりちゃんからは、
「あんた来年は暴れ太鼓よ!!」と言われた。
なんだかよくわからんがわたし暴れるらしい。

来年は、自分磨きがんばりたい。内面も外面も。

c0151444_17301248.jpg

毎朝懲りずに、来ない鳩を待つゲジ。後ろ姿哀愁あって好き。猫まんじゅう。
[PR]
# by pear_1021 | 2010-12-29 17:31 | ヒビノコト

ilha忘年会

今日はイリアの忘年会&おがやんの送別会でした。

しらこあり、ちゃんこありの楽しい会のはずが
突然の演奏会。
その間いろんなこと思い出しました。
いろいろ精神的に辛い時、よく逃げこんでた場所。
おがやんの明るさに何度救われたことか。
お店で涙を流してしまったこと、まかないを食べさせてくれたこと、
知らぬまに寝てしまいお店で夜を明かしたこと。
そんないろんなことが音楽とともによみがえり、
知らぬ間に涙がこぼれてた。

今日はそんなイリアにたくさんの人たちが集まっていて
みんな素敵でほんと楽しかったなー。

まぁまた遊ぶし、会うんだけどもね。
ひとまずおがやんお疲れさまでした。
そんなんいいつつわたし酔ってるし、携帯忘れたし!
[PR]
# by pear_1021 | 2010-12-28 01:40 | ヒビノコト

世界をつなげて

つい最近、なんとなくメールを開いたらアフリカ行ってた友達が帰国の連絡が!
少し元気がない時だったけど、すっごくうれしい気持ちになった。
一緒に働いてた時を思い出した。わたしたち、いつも笑ってた。
うれしい報告があったのだけど、
彼女が帰国前に思い悩んでたこと、
状況は全然違うけど、一年前くらい前の私の思ってたことと
同じで、その気持ちが痛いくらいわかって、胸が痛い。
でも幸せそうでほんとうれしい。いろいろあったんだろうけど、
ずっと笑ってたんだろうなぁ。はやく会いたい!!

そして、また別の結婚して海外に住んでいる友達に、なんとなくメール。
すると今どん底に落ち込んでる時で私からの連絡がうれしかったと言ってくれた。
タイムリーだな。それから何日間かお互いの近況を報告。
時間差があるから、メール送って、翌日に返信がきて、それにまた返信して。
なんかそれがうれしかった。
その子の落ち込んでる理由も、少し前の私に似たようなことがあったので
痛いほどわかった。

なんかつながってるな〜。
てかみんないろんなこと悩んで考えて生きてるんだな。当たり前か。
でもやっぱりのんびりぐーたらもいいよねー。
[PR]
# by pear_1021 | 2010-12-08 23:18 | ヒビノコト